【 高見山 - エビの尻尾  】

高見山の山頂付近の北西斜面は風が強く当たるのか、通称「エビの尻尾」が出来ますが、
ここまで大きく成長したのを見たのは初めてでした。
撮影機材 CONTAX 167  TAMRON 90mm MACRO
d0044588_22212310.jpg

風の具合か数メートル離れただけで付き方が結構違います。
撮影機材 CONTAX 167  Vario-Sonnar 28-70mm
d0044588_2222159.jpg

撮影機材 CONTAX 167  TAMRON 90mm MACRO
d0044588_22244097.jpg

訳が解らない位に付いています。
撮影機材 CONTAX 167  Vario-Sonnar 28-70mm
d0044588_22251599.jpg

成長中のアップです。
撮影機材 CONTAX 167  TAMRON 90mm MACRO
d0044588_22301380.jpg

今回、山頂付近でちょっと残念な事がありました。
それは多くの方が登って来て「エビの尻尾」を眺めたり写したりしていた時に、
何と60歳代の男性がストックで壊しに掛かったのです。
幸い「エビの尻尾」が少ししか壊れなかった事と、同行者が止めたので大事には至りませんでしたが、
装備からして山に慣れた方に見受けられたので余計に残念でした。
[PR]
by hamabig | 2008-02-19 22:31 | 冬のいろ


<< 【 高見山 - 下山 】 【 高見山 - 1 】 >>